2015/10/13

東小金井

20代の頃に勤めていた会社の友達夫婦のお宅へ行ってきた。彼らが大阪に転勤した時には遠征で泊めてもらったり、東京に戻って来てからはお花見にも誘ってもらったり。現在、唯一といっていい読書仲間。好みの本のジャンルが近かったり、面白がる感覚が似ているので知らない本を勧めてもらえるのも間違いがない。

その職場はコールセンターだったんだけど学校みたいな感じで。みんな仲が異常に良くて、今でも付き合いのある友達が数人いる。この夫婦とは当時は特別仲が良かったわけではないけど、一緒にいて楽。お互い若い頃から知ってるから自然体でいられて、感覚も合うんだよね。

2歳になる男の子もいて、賑やかなランチ呑みをご馳走になった。ご飯がオシャレなんだよね~。気張ってるわけじゃなくて、シンプルだけど手をかけた料理が美味しくて。最近は元々飲めないお酒が本当に飲めなくなってしまったのだけど、酔ってしまって楽しかった(笑)。自宅に戻ってグッタリしてしまったけど。やっぱりお酒はダメだわ。

子供もいるし長居しないで帰ろうと思ったのに、5時間近く居座ってしまった。たわいもない話ししかしてないんだけどね。連絡無精な私は友達関係を疎遠にしてしまいがちなんだけど、友達は大事にしないと!と痛感した日だった。

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】