2015/09/19

9/16 「REBELS.38」後楽園ホール

今回、とても楽しみにしていた!ディファじゃなくて後楽園で見れるのも嬉しいし、見たい選手ばかり。平日なのに早い時間から満員。内容が濃くて忘れられない大会になりそう。素晴らしかった。

オープニングファイトの途中から観戦。
以下、試合の感想。


<オープニングファイト第1試合 57kg契約 REBELSルール 3分3R>
△千羽裕樹(スクランブル渋谷)
(判定0-0)※三者とも28-28
△HPS DATE(Team DATE HPS division)


<オープニングファイト第2試合 スーパーフライ級 REBESルール 3分3R>
○笠見玲慈(TEAM OJ)
(1R2分45秒 TKO)
●蓮沼拓矢(テッサイジム)


<第1試合 ライト級 REBELSルール 3分3R>
△末廣智明(大道塾吉祥寺支部)
(判定1-0)
△久保政哉(PHOENIX)
久保選手が計量を1.6kgオーバーした為に、罰金、グローブハンデ、減点1、試合前の計量で65kgを超えないという条件での試合。こういうので勝っても負けても後味良くないよなぁ。減量出来なかった理由は知らないけど。
1R開始早々に久保選手がダウンを奪うが、その後はクリンチが多かったりスッキリしない試合。


<第2試合 フェザー級 ムエタイルール 3分3R>
○炎出丸(クロスポイント吉祥寺)
(判定3-0)※30-27、30-27、29-28
●立嶋篤史(ASSHI-PROJECT)
嫌なカード組むなぁと思った。立嶋選手は最近コカされる事が多く、首相撲でも競り負ける事もある。対する炎出丸選手は首相撲が抜群にうまい。階級を上げているので、どう影響するか。1Rは互角、2Rで炎出丸選手のローが決まり、動きも良く、立嶋選手を追い込む。首相撲は思っていたよりも一方的にはならない。3Rも立嶋選手押され気味。立嶋選手がダウン取られたのが、スリップだったのか当たったのかよく分からなくて困惑。でも、ダウンがなくても負けてた。試合は面白かったけど、立嶋選手に力強さが感じられないのが寂しい。


<第3試合 52kg契約 ムエタイルール 3分3R>
○奥脇一哉(はまっこムエタイ)
(判定3-0) ※三者とも30-29
●松崎公則(STRUGGLE)
松崎選手は40歳!今まで見た試合では年はいってるけど頑張ってるなぁくらいの印象しかなかったが、この試合は別人のようだった。スピードもあり動きにキレもある。ムエタイルールが面白く感じる試合。引き分けかと思ったけど奥脇選手の判定勝ち。松崎選手には頑張ってもらいたい。


<第4試合 バンタム級 ムエタイルール 3分3R>
○小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺)
(判定3-0) ※29-28、29-28、30-28
●ムンファン・エスジム(エスジム)
ムンファン選手は元ラジャダムナンフライ級王者。小笠原選手は久しぶりに見たけど、キレキレの動き!攻撃のバランスも良くて数も多いので見ていて面白い。後半、ムンファン選手はスタミナ切れか気持ちが落ちたのか、やる気ない仕草も。判定で小笠原選手の勝利。


休憩前に梅野源治選手が挨拶。この日出場予定だったがラジャダムナンでの試合のオファーがあり、そちらに出る為にキャンセルした事をお詫び。梅ちゃんが出てくれたら、さらに盛り上がっただろうけど、タイでの試合は負けてしまったけど得るモノは多かっただろうし、もっとタイで経験積んで強くなって勝利してくれる事がファンの願い。


<第5試合 WPMF日本スーパーライト級タイトルマッチ WPMFルール 3分5R>
○不可思(クロスポイント大泉)
(3R2分59秒 KO)
●加藤剛士(ウィラサクレックフェアテックスジム)
この試合も盛り上がった。不可思選手は金髪。個人的には黒髪の方が好きだな~。前半はやや不可思選手有利。
2Rに加藤選手のストレートが決まりダウン。3Rで不可思選手がハイキックでダウンを取り返す!その後も激しく打ち合う。最後は不可思選手のパンチでダウンした加藤選手がダウンし、立てずにKO勝ち。


<第6試合 61kg契約 ムエタイルール 3分5R>
○ヤスユキ(Dropout)
(3R 50秒 TKO)
●大月晴明(キック スターズ マスクマン)
楽しみにしていた試合。南の後ろから入場。大月選手の入場で大盛り上がり。ヤスユキ選手は普通に入場。

2人の間や空気感がキックの試合じゃないみたい。瞬きするのも惜しい、見逃したくない緊迫感。大月選手のボディブロー、結構入ってたけど効いてないのだろうかというくらい、ヤスユキ選手は動じず。2Rは手足の長いヤスユキ選手が距離を取ってのミドルやストレートが決まりだす。大月選手はやりにくそう。 3R開始早々、ヤスユキ選手のハイキックで大月選手ダウン!うわあぁ!立ち上がって再開するも、ヒザが顔?に入り、セコンドからのタオルで試合終了。

大月選手、悪くなかったんだけどなぁ。ヤスユキ選手、強い。試合後のマイクで「キックボクサー大月を殺しました。」 目標はあまりないけど…次は町田光とやりたいと。リングサイドで見ていた町田選手がリングに上がると号泣してる(笑)。試合に感動して泣いたとの事。この2人の試合なら見たいな~。

負けたら引退と言ってたけど、去就についてはまだ発表がない。まだ出来るよ。同い年なんて信じられない。


<第7試合 REBELSルール 72kg契約 3分3R延長1R>
○日菜太(クロスポイント吉祥寺)
(判定3-0) ※29-28、29-28、30-27
●アンディ・サワー(Team Souwer)
これも楽しみにしていた。直前でサワー側からの要望で70→72キロに契約体重変更。サワー選手がちゃんと試合してくれるのか…と不安もあったが、全力できてた。日菜太選手の動きがとてもいい!全然負けてない、期待出来ると思って見ていたが、期待以上。前に前に出てくるサワー選手に翻弄される事もなく、自分の距離を取ってたし、2Rにはハイキックでダウンを奪う!3R、サワー選手ガンガン攻めてくる。フックが当たりダウン気味の日菜太選手。追い込まれたが何とかしのいで、判定勝ち!

会場大いに盛り上がった!メインでも空席にならず、みんな残って見てた。
本戦7試合とコンパクトで、3Rの試合も多かったから早めに終わった。これくらいの試合数の方が集中して見れていい。帰りも後楽園だと楽でいい。ディファは遠いからなぁ。記憶に残る いい興行だった!

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】