2014/12/25

12/21 ハードヒット「~MOONRIZE~」新宿FACE

待ちに待ったハードヒット。年内最後のプロレス観戦。
今回は新宿FACEだったので、席によっては見えずらいかな…と思ってたんだけど、チケットを取ってくれたお友達のおかげで、いい席で見る事が出来た。

懐かしい選手の出場もあったけど、ノスタルジーに浸ると言うよりも現在進行形のUの戦いだと思う。このスタイルをなくさないで!ひかるん!

好き過ぎて避けて通って来た坂口選手とのツーショットも、やっとと言うかお友達の後押しで撮る事が出来た♪

以下、試合の感想。

<ダークマッチ 5分1本勝負>
△依光健太郎(PANCRASEゴールドジム行徳・川村ism)
(5分0秒 時間切れ引き分け)
△シバター細胞はあります(PsLAB横浜/フリー)
オープンフィンガーで打ち合う。見た目は地味だけど、きつそう。
ダラダラした印象はなく、最後まで2人ともアグレッシブで良かった。

<ダークマッチ 5分1本勝負
△レオナルド・ライオン(PANCRASEゴールドジム行徳・川村ism)
(5分0秒 時間切れ引き分け)
△瓦井寿也(花鳥風月)
レオナルド・ライオン選手は何だか動きがぎこちないと言うか、アマチュアっぽくて和む。

入場式のあと本戦。

<第1試合 3ロストポイント制10分1本勝負>
○小林裕(U-FILE)〈0D1E0P〉
(5分17秒 腕ひしぎ十字固め)
●服部健太(花鳥風月)〈0D0E0P〉
今年ハードヒットで活躍した2人。体格差があるので、服部選手が仕掛けても力で返されてしまう。初めて服部選手を見た時は細いしホンワカした雰囲気なので大丈夫なのかな…と思ったけど、ガッツもあるし強い選手でビックリした。でも、もっと体を大きくすればいいのになぁとも思うんだけど。2人ともまた来年も見たい選手。


<第2試合 3ロストポイント制10分1本勝負>
○上山龍紀(U-SPIRIT JAPAN町田)〈0D0E0P〉
(6分34秒 アンクルホールド)
●間下隼人(リアルジャパン)〈0D2E0P〉
ベテランの上山選手と若さ溢れる間下選手。上山選手のテクニックにやや翻弄されながらも、ガンガン向かっていく間下選手。いいね。粗削りだけど見ていて気持ちがいい。最後はアンクルホールドでタップ。


<第3試 3ロストポイント制10分1本勝負>
○スーパータイガー(リアルジャパン)〈0D1E0P〉
(3分42秒 顔面へのヒザ蹴り→K.O)
●鶴巻伸洋(スーパーFMW)〈1D0E0P〉
タイガーは体の張りがないように見えたけど…鶴巻選手はまた懐かしい。試合を見るのは初めてだけど、もう結構な年齢のはずだけど、体も鍛えてるし、動きもまぁ頑張ったと思う。タックルに行ったところにヒザをカウンターで合わせられてダウンして、レフリーストップ。タックル、スローだったもんなぁ(涙)


<第4試合 3ロストポイント制10分1本勝負>
○窪田幸生(坂口道場一族)〈1D0E0P〉
(4分55秒 クロスヒールホールド)
●中澤マイケル(DDT)〈1D1E0P〉
力の差があり過ぎたかな。マイケル選手、もっと拮抗できる相手との試合の方が面白そうだけど、ハードヒットではこういうカードが多いな。アキレス腱固めは耐えたけど、ヒールホールドでタップ。


<第5試合 グラップリングタッグマッチ 15分1本勝負>
○松本崇寿(リバーサルジム立川ALPHA)、坂口征夫(坂口道場一族/DDT)
12分39秒 腕ひしぎ十字固め
●土橋政春(クレイジーアーマメント)、HARASHIMA(DDT)
楽しみにしていた試合。打撃を封じられたグラップリングルールで坂口選手がどんな戦いをするのか。柔道はやっているから道着も様になるし、カッコいい♪

対戦相手の土橋選手、お友達が試合が始まる前にヤバいよ~知ってる?と聞かれたけど知らない。全身入れ墨、金髪に毛先が緑色。入場も観客ドン引き気味。後から知ったんだけど、THE OUTSIDERに出てた選手だった。見た目と実力のギャップが酷い(笑) 

今までのイラっとキャラが全くなく真面目に戦っていた松本選手。そしてHARASHIMA選手は本当にどんな試合形式でも閃きやプロレスラーらしさのある技を必ず出してくる。そして楽しそう!対戦相手の2人が着ている道着を使って、襟を締めながらのジャイアントスイングのようにグルグル回ったり、帯や裾を掴んで攻撃に移行したり。

いや~面白かった。


 



<第6試合 3ロストポイント制10分1本勝負>
○青木篤志(全日本プロレス)〈0D1E0P〉
(10分0秒 時間切れ 残りポイント2-1)
●伊藤崇文(パンクラスism)〈1D1E0P〉
スリリングな攻防だったんだけど、坂口さんの試合が終わったらホッと?しちゃって、会場が暑い事もあって眠くなってしまった…


<第7試合 15分1本勝負>
○高山善廣(高山堂)〈0D2E0P〉
(6分11秒 エベレスト・ジャーマンスープレックス→K.O)
●勝村周一朗(横浜グランドスラム/花鳥風月)〈2D0E0P〉
高山選手が対戦相手でも無謀なカードと思わない。勝村選手ならやってくれるかも?!との期待。しかし、エスケープポイントは2つ取ったものの、体格差による力の差はキツイ。エベレストジャーマンで投げ捨てられる!さすがにこれでKO負け。高山選手にはまた出て欲しいな~。


<セミファイナル 5ロストポイント制15分1本勝負>
○金原弘光(U.K.R.金原道場)〈0D2E0P〉
(8分21秒 腕ひしぎ十字固め)
●岩本煌史(スポルティーバエンターテイメント)〈2D1E0D〉
総合格闘技は引退した金原選手。8月のグラップリングトーナメントで優勝した岩本選手にはご褒美的なカード?見応えはあったけど、眠くなってしまった…疲れてたかなぁ。


<メインイベント 5ロストポイント制15分1本勝負>
○佐藤光留(パンクラスMISSION)〈2D2E0P〉
(12分45秒 ヒールホールド)
●川村亮(パンクラスism)〈1D1E0P〉
2人の気持ちが伝わってくる熱い試合だった。泣きながら試合しているような。ダウンしても立ち上がり、極められても必死でエスケープ。最後はヒールホールドで川村選手からギブアップを奪い、やっと勝利の光留選手。川村選手は悔しそうだが、複雑な表情。



出場選手がリングに集まり記念撮影。
この光景が好き。

来年は地方に進出したい…けど、詳細はまだ決まっていないそう。
行かれる範囲のとこでも定期開催して欲しいな~。

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】