2014/08/28

8/23 ハードヒット「G-generation」新木場1stRING

今回のハードヒットはグラップリングルール オンリー。ダークマッチが4試合あるので、早めに会場に向かったが、開場と同時に始まるわけもなく、本戦開始が遅れた。
ボリュームがあり、いつもと違う雰囲気で面白かった。

次回、東京開催は12月。長いなぁ…
以下、試合の感想。

<ダークマッチ1 「THE NEXT CONTENDERS1DAY TOURNAMENT」 1回戦5分1本勝負>
○服部健太(2分50秒 V1アームロック)秋庭遼也●
服部選手、危なげなく短時間で勝利。準決勝進出。


<ダークマッチ2 「THE NEXT CONTENDERS1DAY TOURNAMENT」 1回戦5分1本勝負>
○小林裕(4分29秒 変形フェイスロック)タケシマケンヂ●
こういうチャンスが来た時にタケシマ選手には頑張って欲しいんだけどなぁ。


<ダークマッチ3 「THE NEXT CONTENDERS1DAY TOURNAMENT」 1回戦5分1本勝負>
○那須晃太郎(5分0秒 時間切れ判定3-0)関根龍一●
好勝負。2人ともちょっと体型が似てる(笑)那須選手はコスチュームが紫から黄色に。
決着つかず判定で那須選手の勝利。


<ダークマッチ4 「THE NEXT CONTENDERS1DAY TOURNAMENT」 1回戦5分1本勝負>
○岩本煌史(5分0秒 時間切れ判定3-0)焙煎たがい。●
焙煎選手はバトラーツで何度か見ていたけれど、前より体は絞っているようだ。おちゃらけた感じは変わってなかったけど。こちらも判定で岩本選手が勝利し準決勝進出。


トーナメントもあり選手数も多い為、入場式はなしで光留選手がマイク。
10月に札幌、東京は12月に新宿FACEで開催だそう。12月まで見れない…


<第1試合 10分1本勝負>
○窪田幸生(5分14秒 抱え込み式逆エビ固め)本田アユム●
窪田選手のセコンドに坂口さん。本田選手、健闘したが窪田選手の貫録勝ち。最後の逆エビ固めエグかった。


<第2試合 10分1本勝負>
○鈴木慎吾(2分4秒 腕ひしぎ十字固め)中澤マイケル●
マイケル選手の筋肉が凄い!しかしあっさりとギブアップ。


▼<第3試合 10分1本勝負>
○富松恵美(1分33秒 スリーパーホールド)米山香織●
女子の試合。米山選手は別に嫌いじゃないけど、軽いノリや試合前のライブはハードヒットではしらける。富松選手、小柄なのに強くてカッコ良かった。


<第4四試合 タッグマッチ 15分1本勝負
○勝村周一朗、篠宮敏久(12分35秒 ニンジャチョーク)川村亮、シバター●
このタッグマッチは単純に面白かった!リバーサルジムVSパンクラス。川村選手の入場曲がこの日の為に用意したものだったり、シバター選手も話題になった時に見てみたいなと思ってたし、勝村選手も好きだし、篠宮選手はイケメン!

やっぱり勝村選手と川村選手の絡みがワクワクだったけど、シバター選手の存在感が濃すぎて(笑) もっと見たかったなぁ。


<第5試合 「THE NEXT CONTENDERS1DAY TOURNAMENT」 準決勝10分1本勝負>
○服部健太(10分0秒 時間切れ判定3-0)小林裕●
服部選手、初めて見た時は線も細いし、強そうには見えなかったんだけど、なんだかんだ勝ってる。小林選手の方が体格もいいんだけど、服部選手優勢で決勝進出。


<第6試合 「THE NEXT CONTENDERS1DAY TOURNAMENT」 準決勝10分1本勝負
○岩本煌史(6分43秒 レフェリーストップ)那須晃太郎●
岩本選手は地味な感じなんだけど、体もシッカリしてて力強さがある。接戦だったが、岩本選手のジャーマンで那須選手がダウンしKO。


<第7試合 10分1本勝負>
○青木篤志(5分47秒 テキサス・クローバー・ホールド)松本崇寿●
青木選手はは青い道衣。に青帯姿。松本選手は前にスーパータイガーとやって感じ悪かったので、青木選手にガツンと勝って欲しいと思ってた。が、青木選手押され気味からの逆転勝利。テキサス・クローバー・ホールドで勝つってプロレスラーだね。最後の握手も松本選手は拒否。普段の試合からもこんな感じなのかなぁ。


<第8試合 10分1本勝負>
○鈴木秀樹(3分15秒 羽折固め)松永智充●
鈴木選手と松永選手の体格差。大丈夫かな。鈴木選手のダブルアームが決まるか!?が凄い歓声。もっと鈴木選手が苦戦して困るような強い選手との対戦が見てみたい。


<セミファイナル タッグマッチ 15分1本勝負>
○伊藤崇文、鈴木鼓太郎(12分9秒 クロック・ヘッドシザース)&HARASHIMA、佐藤光留●
このタッグもワクワク。鼓太郎選手がこの中にいるのが新鮮。毎回思うんだけど、HARASHIMA選手は本当に凄い。プロレスが楽しくて仕方がないっていうのが物凄く伝わってくるし、こういうルールでもプロレス技を出してくるプロレス頭も素晴らしい。総合の選手と戦っても劣ってるところがないし、何者なんだ!と。
後ろから飛びついてのフランケンシュタイナーは、かけられた伊藤選手も呆然。見てるこっちもビックリ。最後は伊藤選手が光留選手にリベンジ。意地を見た。
タッグマッチ面白いな~。



<メインイベント 「THE NEXT CONTENDERS1DAY TOURNAMENT」 優勝決定戦15分1本勝負>
○岩本煌史(6分17秒 フットチョーク)服部健太●
まさかこの2人が勝ちあがるとは。しかも2人とも3試合目でメイン。難しいルールで会場を盛り上げた。素晴らしい。

優勝した岩本選手はスポルティーバエンターテイメント所属。週プロでスポルティーバアリーナが閉鎖したニュースは読んだんだけど、試合がなくなってしまった彼が1日に3試合も出来て幸せだと、これから外に出て活躍したいと。泣ける(泣)。みんな頑張ってるんだよね。腐らずに頑張れば努力は実るんだって、プロレスラーは夢を与えてくれる。
大きな夢じゃなくても、身近な事でもいいんだよね。今年は色々新しい事にチャレンジしてて、これからもチャレンジ続けていきたいんだけど、励みになった。

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】