2013/12/05

12/4 東京愚連隊「TOKYO DREAM 2013」後楽園ホール

ユニバの頃から好きなドスカラスが引退…マスカラスブラザーズ最後の来日(最後の来日って何度か聞いている気がする(笑))というので、行ってきた!

マスカラス71歳、ドスカラス62歳!もうおじいちゃん。でも見たい。

当日夕方、やけに人が多いと思ったらドームでボン・ジョヴィ。水道橋は年齢層が高めな夜(笑)軽くご飯食べたかったんだけど、どこも混んでてすぐに入れそうだったのがお寿司屋さんだったので試合前に寿司食べちゃった。

試合前にサイン会してた~。ワイシャツ姿カッコいい♪



以下、試合の感想。

開演時間過ぎて暗転したら「スコア」が流れる。??と思ったら、ケロちゃん登場。彼のコール久しぶりだなぁ。1977年に後楽園で初めて「スカイハイ」が流れたんだって!今、2013年だぜ。

<第1試合 水道橋名勝負数え歌~UWFルール~>
○藤原喜明 [3D1E]
(5分56秒 足首固め)
●望月成晃 [1D3E]
渋いカードだ。藤原組長が64歳。元気だよなぁ。でもモッチーのキックはきつそう。ダウンとエスケープの取り合い。結果見れば分かるけど、打撃でダウン奪われた藤原組長と、サブミッションでエスケープしたモッチーの差が明確。最後は、1ポイント残したモッチーが足首固め極められて、エスケープせずにタップ。



<第2試合 ワクチンファイト提供試合 ~THE BRAVE 聖地見参>
○THE BRAVE(宮田和幸)、高山善廣、、甲斐拓也
(12分54秒 オリンピック・ジャーマンスープレックスホールド)
●那須晃太郎、嵐、ブラック・タイガー
THE BRAVEなるマスクマンは宮田選手。他の選手がデカイから小さく見えるけどムキムキ。高山選手と嵐選手のぶつかり合い、甲斐選手と那須選手の張り合い(2人顔が似てた)、THE BRAVEは高岩ブラックタイガーにおちょくられて。ドロップキックは綺麗だったし、頑張ってたけど、彼が出ると流れが止まってしまう。あと気付いたのが「音」。音が出ると痛く見える。聞こえないと効いてないように見えるし迫力に欠ける。どうせ出るならジュニアに混ぜても良かったのにね。



<第3試合 LUCHA DE FAMILIA ~父対息子>
○エル・イホ・デル・パンテーラ
(5分49秒 ラ・マヒストラルを潰す→エビ固め)
●エル・パンテーラ
パンテーラなんていつぶりだろうか?ユニバで見てみちのくでも見たかなぁ。息子のイホは最近日本に来ていたいので知っていたけど、並ぶと線が細くて若者って感じがする。2人ともコンディションが良くなかったのか、緊張してたのか分からないけど、技の失敗とかキレがなくてちょっと残念だった。試合後は抱擁。息子がはしゃいでいるように見えて微笑ましい。



<第4試合 スペシャル6人タッグマッチ>
○鈴木みのる、CIMA、高木三四郎
(15分1秒 ゴッチ式パイルドライバー→片エビ固め)
●"ハリウッド"ストーカー市川、佐藤光留、中澤マイケル
豪華…と言うか、絶対面白くなるのが分かるカード。展開も読めそうだったけど、想像越えて面白かった~。光留選手が高木選手に給料上げ交渉。 マイケルはCIMAとの対戦で熱くなってしまい(笑) アルティメットベノムアームが京平さんに誤爆してしまい、京平さんがまさかのラリアット!

市っちゃんもいじられキャラで(笑)みのる選手を道連れにロープの拝み渡りに挑戦するも失敗。まさかまさかの京平さんが拝み渡り!他の選手も続々続く などなど。

最後は、4人のエストレージャの真ん中でみのる選手が市っちゃんにゴッチ式パイルドライバーで終了。(某ニュースサイトで花びらのように繋がった…って書いてあって驚愕)。



<第5試合 菊☆やります! 菊健復活!?>
○佐々木健介、菊浩
(14分24秒 ノーザンライトボム→体固め)
●バラモン・ケイ、バラモン・シュウ
バラモンの入場時に水掛けられて連れが激怒(笑) 菊タローが扮した馳浩が最高過ぎてずっとゲラゲラ笑ってた(笑) 最初はマスクだったんだけど、これも激似で。マスク取られたあとも素顔にペイントしててこれも似てる(笑) 動きとか声の出し方とかも懐かしいな~って思っちゃうくらい似ててマジで面白かった。裏投げとか久しぶりに見たし。

バラモン兄弟も定番だけど凶器の使い方とか上手い。ダブルインパクト狙おうとしたんだけど、肩車が持ち上がらない(笑) 最後は健介がノーザンライトを決めた。



<第6試合 東京世界ヘビー級選手権試合>
○FUJITA
(14分16秒 ドラゴンスープレックスホールド)
●日高郁人
久しぶりに日高さんの試合、楽しみにしてたんだけど…楽しい試合が続いてタイトルのかかったシリアスな試合になってしまったからか、どうも盛り上がりに欠けて。せっかくの相方対決なのに何でだろう…普通に見てたら良かったと思うんだけど、客席が盛り上がらす残念…

試合後にFUJITA選手が左手で握手を求めると、日高さんは左手を差し出す(右同士だったかも)。が、FUJITA選手は差し出した手を両手で握ってハグ♪



<第7試合 東京世界タッグ選手権試合 ~ドス・カラス日本引退試合>
○ミル・マスカラス、ドス・カラス
(14分18秒 ダイビングボディアタック→片エビ固め)
●NOSAWA論外、MAZADA
いよいよ。ケロちゃんの前口上が「時は来た!」(笑)
挑戦者なのにマスカラスブラザーズは後から入場。「スカイハイ」!マスカラスのオーバーマスク欲しい~。ゴールドのコスチューム。上半身は裸。ドスカラスは青と赤のコスチューム。上半身は隠してる。それでも2人とも胸板の大きさったら!マスカラス、肌はおじいちゃんだよ。でもツヤがあるし、なんて言うのかなぁ。だた劣化してるだけじゃない。

この前、全日本でファンクス見た時も思ったけど、ただファンへの顔見せ的なパフォーマンスじゃなくて、年取って動けなくなるのは当然だけど、それでもリングに上がるに相応しいコンディションを作って動いてるのが凄い。本当に。

フライングクロスチョップも位置が低いけど、威力も落ちてるけど、でも見れるだけでも感謝。最後はマスカラスがコーナーからダイビングボディーアタック!わぉ!

休むことなく動いて懐かしい技も披露してくれたし、大満足。素晴らしい。

ドスは引退するのにベルト取っちゃうし、やっぱりマスカラスに最後はフォールさせちゃうし。

試合後にスペイン語でマイク。感謝の気持ちを伝えてくれた。ドスは来年息子と来るとか?その時はサインもらいたいな~。


/div>

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】