2013/08/06

8/4 ZERO1「火祭り2013~決勝戦~」後楽園ホール

試合開始時間ギリギリに行ったら試合やってる…時間間違えたのかと思ったらダークマッチだった。豪華なダークマッチ!

今年の火祭りも最高に熱かった!
以下、試合の感想。

<ダークマッチ 10人タッグマッチ>
○デーモン植田、横山佳和、矢野啓太、KAMIKAZE、崔領二
(8分49秒 蝋人形→エビ固め)
●ロブ・モリガン、ジャック・アンソニー、ビクトル・コスモ、ファンタスティック・ボルト、タマ・ウィリアムス
火祭りの星取りはあえて見ないでいたので、この試合見は決勝出ない選手が出てるんだな…と。


<火祭りAブロック 公式戦>
○KAZMA SAKAMOTO
(12分41秒 顔面への膝蹴り→体固め)
●マイバッハβ
KAZMA選手、マイバッハβ選手と体格が変わらない。初日に見た時はいいな、と思ったけど、噛み合わないというかリズムが気持ち悪い試合だった。KAZMA選手は技に重みが感じられない。


<火祭りBブロック 公式戦>
○吉江豊
(14分24秒 ダイビングボディプレス→体固め)
●大谷晋二郎
大谷選手が勝てば決勝進出、負けたら次の試合次第。いつも通り明るく元気いっぱいな大谷。しかし吉江選手の重さとパワーに負けてしまった…

<火祭りBブロック 公式戦>
○ジェームス・ライディーン
(13分36秒 ハイアングルパワーボム→片エビ固め)
●岡林裕二
勝った方が決勝。試合が引き分けならば3人で三つ巴戦。岡林選手も互角のパワーで張り合いぶつかり合うも、ライディーン選手は底なしのスタミナ。パワーだけじゃなく練習して勉強しているのが分かる。本当にセンスもいい。ボム系の技がハンパない!


<火祭りAブロック 公式戦>
○田中将斗
(6分51秒 スライディングD→片エビ固め)
●小幡優作
将斗選手は短期決戦で仕掛けるも、小幡選手は舐めるな!といった戦い。最後はスライディングDで勝利。


<火祭りAブロック 公式戦>
○佐藤耕平
(13分20秒 タイガースープレックスホールド)
●関本大介(大日本)
関本選手が勝てば決勝、負ければ将斗選手が、引き分けなら三つ巴。この日のベストバウトだった!耕平選手、開幕戦でも体絞っていい感じだったけど、やる気漲ってる。蹴りも重く腕ひしぎで腕も殺して行く。2人ともぶっこ抜きの投げ技などパワフルで場内大盛り上がり。なんとなんと!耕平がタイガースープレックスで関本選手から3カウント!きゃー!自分の勝利の喜びはもちろん、将斗選手に決勝を託した!


<RoaD to 天下一 6人タッグマッチ>
○ビリーケンキッド、タイガースマスク、HUB
(17分58秒 ベルティゴ→片エビ固め)
●藤田峰雄、日高郁人、菅原拓也
元大阪プロレスvsZERO1。大阪勢の連携は抜群。動きもいい。全員、天下一に出場になりそう。試合後に外国人選手やパンテーラ!?がリングサイドへ。楽しみだ~。


 


<火祭り2013 優勝決定戦>
○ジェームス・ライディーン
(17分5秒 ハイアングルパワーボム→片エビ固め)
●田中将斗
体格差のある2人。でも将斗選手は全然力負けしてないし、疲れも見せない。しかし、ライディーンのスタミナと力技、それだけじゃなく相手を研究していて技をかわしたり上手さも見せていい試合だった!

場外でのテーブルクラッシュをまた回避するライディーン…将斗選手をテーブルに叩きつける。ダメージ大きそう。後半は悲鳴が起きるほどの高角度のボム。将斗選手も角度を変えたスライディングDを決めたりするも最後は力尽きた…

火祭り初の外国人選手の優勝☆そして世界ヘビー級のベルトを獲得。セレモニーでのマイクも好感。分かりやすいシンプルな英語で感謝の気持ちとZERO1愛を叫ぶ。いいね~。

まだ若いし成長が楽しみであるが、WWEあたりに持って行かれちゃうかな…本人も希望してるんだっけ。

何はともあれ!おめでとう♪

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】