2013/04/18

4/14「REBELS.15」ディファ有明

今回、初めて事務局でチケットを買った。送料や手数料かからないし要望も聞いてもらえたし、対応がとても良かった!席も良かった!

会場の雰囲気もこの前行ったRISEが不愉快だったのに比べるといい。ただ、選手へのふざけた応援はゴメンだ。集中出来ない。山口さんや運営してる人たちが、いいものを作ろうとしてるのも伝わってくる。ベテラン選手へのリスペクトや若い選手の起用も共感出来るし、今、一番好きなプロモーションというか興行かな。

ただ、時間が長くて疲れる…7時間弱。最近、長時間座りっぱなしが辛いので1時間遅れて行ったんだけどそれでも長い。ディファ遠いしねぇ。

試合内容は良かった。やっぱりキック好き。お目当ては立嶋さんの試合だったけど、初めて見る選手の試合も良かった。好きな選手がどんどん引退してしまうので…若くていい選手見つけて応援する楽しみも作らないとな(笑)

以下、試合の感想。

<第1試合 REBELSルール 60kg級 3分3R>
○林 亮介(バンゲリングベイ・スピリット)
(判定2-0)
●小林克成(練誠塾)

<第2試合 REBELSルール 女子45kg級 2分3R>
○松下えみ(T-KIX)
(判定3-0)
●宗田智美(シーザージム渋谷)

<第3試合 REBELSルール REBELS NEW RAIDERS TOURNAMENT 55kg級 1回戦 3分3R>
△ZAWA-3 [ザワサン](スクランブル渋谷)
(判定1-1)
△市川一大(クロスポイント大泉)

<第4試合 REBELSルール 60kg級 3分3R>
○櫻木崇浩(バンゲリングベイ・スピリット)
(判定3-0)
●TAISUKE(SFKキックボクシングジム)
ここで会場に到着。


<第5試合 REBELSルール REBELS NEW RAIDERS LEAGUE 60kg級 3分3R>
×Tatsuya(The Body Box)
○古谷野一樹(クロスポイント古河)
(判定3-0)
●Tatsuya(The Body Box)
お互いアグレッシブで接戦だった。


<第6試合 REBELSルール REBELS NEW RAIDERS LEAGUE 60kg級 3分3R>
○野上勇介(龍二ジム)
(2R47秒 KO)
●大橋悠一(クロスポイント大泉)
この試合も激しく打ち合ったり2人とも引かないから面白い。野上選手の連打からの左ストレートで崩れる大橋選手。セコンドのタオル投入でKO。KOは盛り上がるな!


<第7試合 WPMF日本ルール スーパーライト級 3分3R>
○番長兇侍(習志野トップチーム)
(判定3-0)
●パク・チョンス(team OJ)
銀行強盗みたいな目出し帽で入場の番長兇侍選手。ざわざわ。いつ脱ぐんだろうかとざわざわ。ムエタイルール。肘ガンガン、膝ガンガン。番長兇侍選手が3Rにハイキックでダウン奪い判定勝ち。


<第8試合 WPMF日本ルール スーパーバンタム級 3分3R>
○岡田有晃(谷山ジム/J-NETWORKスーパーバンタム級7位)
(判定2-0)
●ベム(Dropout/元NKBバンタム級1位)


<第9試合 WPMF日本ルール スーパーフェザー級 3分3R>
○HIROKI(Dropout/元NKBフェザー級1位、WPMF日本スーパーフェザー級5位)
(判定2-0)
●横田 健(習志野ジム/MA日本ライト級10位)
今回、Dropout所属の選手が何人が出てたけど、今まで知らなかった選手が多くて何だろう?と思ったらNKBって日本キックボクシング連盟の事なのね。どうりで知らないわけだ。DropoutがK-UとNKBを脱退して、今回レベルスに選手が何人か出てる。


<第10試合 REBELSルール 67kg契約 3分3R>
○喜入 衆(フォルティス渋谷/元J-NETWORKスーパーライト級王者)
(3R1分40 TKO)
●中田裕市(クロスポイント古河/WPMF日本ウェルター級10位)
喜入選手が鮮やかなバックブローでダウン奪い、レフリーストップ!試合後のマイクで、会長やったり運営やったりしてるけど、選手として会員さんに勝つ姿を見せれた、レベルスに負けないように自分とこ盛り上げるというような話しをして、何だかしみじみ良かったなぁ~と自分が教わってる選手だったら泣いちゃうなぁ~なんて感じた。まだまだ頑張ってほしい!


<第11試合 REBELSルール 55kg級 3分3R>
○出貝泰佑(バンゲリングベイ・スピリット/J-NETWORKスーパーバンタム級2位)
(判定3-0)
●國本真義(MEIBUKAI KICKBOXING GYM/WPMF日本バンタム級6位)
ちゃんと出貝選手の試合見たかったのに眠くて…


<第12試合 WPMF日本ルール フェザー級 3分5R>
△立嶋篤史(ASSHI-PROJECT/元全日本フェザー級王者)
(判定0-1)
△下東悠馬(クラミツムエタイジム)
下東選手、初めて知った選手だし戦歴だけ見たらキャリアの浅い選手なのになぜ抜擢?と。後から知ったんだけどタイで練習したり試合していてテクニック抜群らしい。

試合開始早々、立嶋選手の足を払って倒す。まぐれじゃない。組んでも負けない。何度も倒す。2R入ってからも下東選手、コーナーに追い詰めたり、組んで倒す。むむむ。しかし、立嶋選手のボディ有効!後半も立嶋選手はボディ攻め。下東選手、やや疲労が見える。立嶋選手の脅威のスタミナ。41歳とは思えない。決め手がないまま終了。

負けたかと思ったけど、0-1で引き分け。下東選手、良かった。立嶋選手のプレッシャーに負けず持ち味出せていたのでは。


<第13試合 WPMF日本ルール ウェルター級 3分3R>
○UMA [ユーマ] (K&K BOXING CLUB/J-NETWORKウェルター級2010年新人王)
(1R2分18秒 KO)(左飛び膝蹴り)
●中澤 純(ワイルドシーサー群馬/Japan Kick Boxing Innovation/イノベーションウェルター級王者)
なんと、1R、UMA選手の飛びヒザ蹴りで中澤選手ダウン!起きあがれずKO負け。UMA選手は北海道から来たとの事。噛ませ犬にはならない、北海道の選手使って下さいとマイク。色んな選手がいるんだなぁ。


<第14試合 WPMF日本ルール ウェルター級 3分5R>
○田中秀弥(RIKIX/WPMF日本ウェルター級2位)
(判定3-0)
●福田裕介(PLACE-K/2006年第1回ドラゴンカップ中量級準優勝)
田中選手の試合、好きなので楽しみにしてたんだけど、なんだか煮え切らず。勝ったもののスッキリしない内容で本人も落胆した様子で退場してた。


<第15試合 REBELSルール 59kg契約 3分3R>
△町田 光(橋本道場/元MA日本スーパーフェザー級王者、WPMF日本スーパーフェザー級1位)
(判定0-1)
△不可思(The Body Box/WPMF日本フェザー級8位/59.00kg)
2人とも初めて見る選手…だと思う。事前のインタビューなどで町田選手は居合いパンチとか、不可思選手はモデルやってて実家はお寺さんとか。煽りVも面白くて会場も盛り上がる。

町田選手、構えが白濱選手みたいな猫背にならない背筋真っすぐな姿勢なのに、想像以上に動きが早くパワフル!パンチが当たるとシュッシュッと刀を振り回すような喜びの動き?(笑)会場どよめく。不可思選手も動きは悪くないし手足が長くてしなやか。互角で引き分けになったんだけど、またそれぞれの試合見たいなぁ。個性があって2人ともいい選手だと思う。町田選手を茶化すような応援の声にはうんざりした。うるさい。


<第16試合 WPMF日本ルール フェザー級 3分5R>
○ヤスユキ(Dropout/前NKBライト級王者)
(判定3-0)
●梅原ユウジ(STRUGGLE/M-1フェザー級暫定王者)
このカードも楽しみな試合。勝った方が6月に駿太選手と対戦。

接戦になるかと思ったけど、ヤスユキ選手の攻撃止まらず、パンチも決まるし、顔面前蹴り!など技も多彩。組んでも強い。梅原選手も倒れず粘る。が、判定で文句なしのヤスユキ選手勝利。


<第17試合 WPMF日本ルール 68kg契約 3分5R>
○緑川 創(目黒藤本ジム/新日本キック日本ウェルター級王者)
(判定2-0)
●T-98(クロスポイント吉祥寺/WPMF日本ウェルター級王者)
2人は同じ高校の野球部だったとの事。こんな事もあるんだなぁ。T-98選手が一年先輩。最近のT-98選手は誰にも負ける気がしないドッシリとした貫禄があり、体も引き締まって自信に満ち溢れている。が、今回はらしさが出ず、1Rには額を切られ、巻き返しも叶わず判定負け。


<第18試合 REBELS 70kg級初代王座決定戦 3分3R(無制限延長R)>
○日菜太(クロスポイント吉祥寺/初代RISEミドル級王者)
(判定3-0)
●小西拓槙(M-BLOW/REBELS RAIDERS TOURNAMENT 2013 優勝)
今回の日菜太くんは良かった!左ミドルだけでなくローやハイも織り交ぜて動き良かったし、キラーっぷりが出ててガンガン攻めてく姿勢が良かった。小西選手も悪くはなかったけど、日菜太くんの圧勝。あとからニュースで見たけど、小西選手は怪我していて欠場するかも?だったらしい。怪我を感じさせないファイトだった。

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】