2012/09/28

「ザ・パシフィック」

太平洋戦争の実話を基にした全10話のドラマ。少し前にWOWWOWで放送されていた。私はこの夏にひかりテレビで見た。

ドラマに登場する兵士たちの回想録などを元に脚本が書かれたそうだ。

ガダルカナルから始まり、グロスター岬、ペリリュー、硫黄島、沖縄といった島々での戦い。戦闘シーンが凄まじく気分が悪くなるほど。死んだ日本兵の金歯をナイフでえぐったり、ウジの沸いた死体など思わず目をそむけたくなるシーンも多い。

それだけでなく、休息や一時帰国して家族と再会するシーンなどもある。戦争中なのに?と和やかで違和感を感じるほど日本とは違う。また過酷な戦いの中で精神を病んだりする兵士もいる。

一番衝撃だったのは沖縄戦。今までペリリューや硫黄島での戦いについての映像(映画、ドキュメンタリー)、回顧録は見たことがあるけれど、沖縄での戦いってあまり知らなかったかも。民間人がいるなかで戦うので犠牲になる人も少なくないし、女性や子供も多い。本土決戦になっていたら…と思うと、恐ろしい。

今まで見た中でもこの作品はとても強烈。良く出来ているだけに苦しい。


ユージン・スレッジの「ペリリュー・沖縄戦記」は日本訳も出ている。読んでみたい。


WOWWOW内での紹介サイト
http://www.wowow.co.jp/drama/pacific/

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】