2008/03/01

2/29 キン肉マン生誕29周年記念「キン肉マン映画祭」

好きな漫画はいっぱいあるし、ひとくちに「好き」と言ってもいろいろな「好き」があるので、
『好きな漫画をひとつだけ』と言われると困るんだけど、
『もっとも影響を受けて、今も好きな漫画』 といったら「キン肉マン(キン肉マンⅡ世)」。
小学生の頃からジャンプ買ってたので、連載は読んでたし、コミックスも集めてたし、アニメも見てたし、東映まんがまつりにも行ったし、キン消しも持ってた。
今も「キン肉マンⅡ世」のコミックス集めてるし♪

好きな超人は、アシュラマン、キン肉マンゼブラ、ザ・ニンジャ、ロビンマスク、ケビンマスク・・・
ちょっと悪い奴が好きかも(笑)

で、今年はキン肉マン生誕29周年(公式サイト:http://www.kin29.jp/)ってことで、
イベントが開催されたので新宿バルト9に行ってきました!
新宿バルト9って丸井のビルに入ってるシネコンなんだけど、新宿も駅前くらいしか行かないので、こんな施設が出来ててビックリ。

ロビーにはこんな展示が!

黄金のマスク&銀のマスク!
超人オリンピックのチャンピオンベルトにトロフィー!


復刻版キンケシの先行発売もあったので、ガチャガチャやってきました(苦)
いっぱい買いたかったけど、並んでいてちょっと恥ずかしかったので、2個だけ。
超人師弟コンビの「ロビンマスク&ウォーズマン」と「スペシャルマン&カナディアンマン」(笑)
あと、開場の時に、ポスターとポストカードももらいました♪




初めて入った映画館だけど、キレイだし、座席もゆったり広々。
男性がばかりかと思ってたけど、女性も意外に多くてちょっと嬉しい(^^)

19時に開演!
司会の方が出てきて、なんと!いきなりゆでたまご先生の登場!!!
生ゆでたまご!(笑) 漫画家さんてお会いするような機会がないからね~。
挨拶もあって嶋田先生はスーツ、中井先生はジーンズにキャップ被ってラフな服装。

去年、毎年「29日が金曜日となる日」が「キン肉マンの日」として、日本記念日協会に認定されたので、その認定式が行われました。代読したのがアニメのプロデューサーをされていた田宮さん。
そういえばね、アニメのキン肉マンが超人タック編、オリジナルアニメと放送されて終わっちゃった時に、王位争奪編も見たいです!!と手紙を書いたことがあるの。記憶が定かではなけれど、確か田宮さんに。中学生だったかなぁ。直筆の丁寧なお返事を頂いたんですよ。実家に帰れば保存してあるけど、子供心に感動したのを覚えてます。数年後に王位争奪編が始まった時は本当に嬉しかったなぁ~。

この後、ゲストの登場。なんと「PRIDE」の選手入場コールをしている、レニー・ハートさんがゲスト呼び込みを! ゲストは、バッファロー吾郎、ケンドーコバヤシ、アホマイルド、指圧野郎、ジャイアント白田、ミノワマン。
このメンバーで「ファンが選んだTVシリーズキン肉マンベストバウト」の発表を。この間にジャイアント白田さんは、29周年を記念して2.9㎏の牛丼を29分で完食するという大食い企画にチャレンジ。用意された牛丼は、吉野家新宿4丁目店から! 時間が20分に短縮されても余裕の完食でした~。

ベストバウトは10位から発表されて、1、4、5位は「PRIDE」の煽り映像の制を担当している映像作家の佐藤大輔さんが映像を作成!! これがカッコいいんだー。今から試合が始まる!って気がしてワクワクしちゃう。ちなみに私のベストバウトは9位に入っていた「マッスル・ブラザーズVSはぐれ悪魔超人コンビ」の試合。アシュラマン大好きだからね~♪
ベストバウトの結果はこちらから⇒http://www.kin29.jp/

まだまだ続きます。
主題歌を歌っていた串田アキラさんが「キン肉マン GO FIGHT!」を歌いながら登場~!!
「炎のキン肉マン」も歌ってくれました! いやぁ~大興奮ですよっ!

休憩の後は、ベストバウトで1位になった「キン肉マンVSウォーズマン」のアニメの上映。
これがねぇ~長かった(苦) 6話分で約100分。6回分のopとed付ですよ。
アニメのキン肉マンはギャグや笑いが多いので、シリアスなシーンが中断されてしまうのがちょっと…な事もあるんだけど、今見るとそれも懐かしくて、思わず笑ってしまう(笑)

続けて、初めての劇場版である「キン肉マン 奪われたチャンピオンベルト」の上映。
「キン肉マンVSウォーズマン」を見た後で、爽やかなウォーズマンやコミカルなラーメンマンにあちこちから苦笑がもれる(苦)

終了が23:15。
楽しかった~♪ アニメもまた見たいけど、まず漫画読み直そう~。

※3/7(金)まで新宿バルト9で、映画とベストバウトの上映やってます。
http://wald9.com/index.html

あと、キン肉マンのコンプリート DVD-BOXが出るんだけど、お値段が105,000円(税込)…。
TVシリーズ全184話+劇場版全7作品に、復刻版キンケシ418体付きです。
欲しいけど、10万はムリだねぇ…。2、3万なら考えるけど…。

東映の予約ページ
http://member.toei-anim.co.jp/esp/cgi-bin/item.cgi?item_id=DSTD02797&ctg_id=kin01&page=2
2007/12/08

「カフカ 田舎医者」

先日、旦那が忘年会で夕食がいらないと言うので、水曜日だし映画を見に行く事に決定。(水曜日は映画\1000だから。)

最近出来た有楽町のイトシアに入ってるシネカノン有楽町2丁目 で上映中の「カフカ 田舎医者」。 

カフカが大好きで、公式サイトで見たトレーラーも良かったので気になってたんだけど、モーニングショーとレイトショーしかやってないので、なかなか行く事が出来ず。
レイトショー21:45~で、仕事が18:00までなので時間潰すことに。
でも、遅くなるとデパートも閉まっちゃうんだよねぇ。
19:00位まで銀座をウロウロしながら、ちょっと買い物したりして、夕飯はシャンテの壁の穴で。

それでも20:00。お茶でもしようと思ったんだけど、持ち歩いてる本を読み終えてしまったので、イトシアの隣の丸井に本屋入ってたっけ…とそちらへ向かう。
イトシア&丸井は行きたいと思いつつも、外側から眺めていただけだったので、初入館!
8FにTSUTAYAが入ってて、スタバも併設されてます。
最近は、Amazonでまとめて本を注文してしまう事が多くて、本屋をブラブラする事が少なくなってたんだけど、広い本屋に入ると興奮! 吟味して一冊だけ購入した本については後日書きたいと思います。

スタバは21:00までなので、地下のフードアベニューへ。
噂のクリスピードーナツの行列を尻目に、イリーへ。普通のイリーじゃなくて「エスプレッサメンテ イリー」と言ってillyコーヒーとスイーツが楽しめるお店。
コーヒーとシチリアンロールケーキを頂きました♪


やっと21:30になったので、映画館へ向かう。水曜日って事もあるけど、7,8割くらい埋まってる感じ。
上映映画は短編アニメが5本。
「カフカ 田舎医者」「頭山」「年をとった鰐」「こどもの形而上学」「校長先生とクジラ」

他の方のレビューを見るとかなり評判がいいようですが、私はいまひとつ…。
アニメと言っても、絵本のような繊細で味わい深い表現で、「眼」は楽しむ事が出来たんだけど、学生の頃からカフカが好きで、こだわりもある為、素直に受け入れられない部分もあるのかもしれない。他の作品は良かったけど、好みでいうとあまり好きじゃないかも。「校長先生とクジラ」が可愛くて1番好きかな。

声優として、狂言師で人間国宝である茂山千作さんをはじめとする茂山一家が担当。女中のローザ役には芥川賞作家の金原ひとみさん。アニメに狂言っていう発想は面白いし、実際、普通の声優さんじゃこの雰囲気でないなって感じた。

帰り際に若い女の子が「つまんな~い。」とこぼしてた(苦)。カフカに触れたことがないと確かに難解でストーリーが把握しにくくて、つまらないかも。予習してから行くか、映画見終わってから小説読むと理解が深まって楽しめると思う。

声を大にしてお勧め!とは言えないけれど、トレーラーとか予告だけでも公式サイトで見る価値はあるかと思います。
↓YouTubeで予告編を見つけたので、貼っておきます。
2007/08/18

再びルネッサンス

今年の初めに予告を見て一目惚れしてしまい、待ちきれずに公開初日に見に行った映画「ルネッサンス」。(感想はこちら
もう一度見ておきたいと思いつつもなかなか時間が取れず、気づいたら8/17が最終日!しかもレイトショーのみになってるし…。夜渋谷に行くのは凄ーくイヤで、調べたら川崎でもやってる(レイトショー)ので、仕事のあとに行く事に。

遅番で20時まで仕事だったので、そのまま川崎へ。
近いのにほとんど行ったことのない川崎。去年出来た「ラゾーナ川崎プラザ」(ショッピングモール)内に映画館が入ってて、早い時間だったらブラブラしたかったんだけど、そのまま映画館へ。


やっぱり見に行って良かった!
一度見て、ストーリーは把握してたので、おさらいしつつ、映像を堪能する事が出来た。一度見て分かってるし…なんて全然!何度でも見たい!
前回、目に入らなかった細かいところが見えたり、「あ、こんな背景だったのか」なんて気づいたり、「今のシーン、巻き戻したい!!(笑)」なんて思ったり。
雨、雪、ガラスの表現や、光の動きがモノクロできちんと表現出来る事も感動だし、モノクロの映像が美し過ぎ!DVDも絶対買おう!!
公開日と最終日に見た映画なんて初めてだなぁ~。

今読んでる「ブロークンエンジェル」(リチャード・モーガン)のタケシ・コヴァッチとルネッサンスのカラスがちょっと被った。タフで無骨な感じが。「ブロークンエンジェル」の前作である「オルタード・カーボン」が映画化するなんて話があったけど、実写じゃなくてアニメでもいいなぁ~。


昨日は終電で帰って来て、今日は早番で5時起き…。
眠いって言うか変なテンションで、目がさえてる。
午後になったら眠くなりそうだなぁ~。

ルネッサンス日本語公式サイト
http://www.renaissance-movie.net/
2007/07/15

「ルネッサンス」

今年1月、「スキャナー・ダークリー」を見に行った時に(感想はこちら)予告で見て以来、すっかり惚れこんでしまい、公開初日(7/14)に行ってきました。
好きな作家の原作映画とか、好きな俳優が出てるとかじゃなしに、こんなに待ち遠しくワクワクした映画は初めて。何度もトレーラーを眺め、少ない情報を集め、前売りもしっかり購入し!

当日は仕事だったので、仕事の後に旦那と渋谷で待ち合わせ。
土曜日だし、初日だし混んでいるかと思ったけど、客席は8割くらい埋まってる感じ。
仕事が朝早かったので、予告はウトウト…。本編が始まってからもちょっと睡魔に襲われたけど(苦)、途中でスッカリ目が覚めて釘付けでした。

<ストーリー&解説>
舞台は2054年のパリ。誘拐された女性科学者の行方を追う捜査官カラスを主人公に、謎めいたストーリー展開。派手なカーアクションや銃撃戦、ミステリーやラブストーリーなど様々な要素を盛り込み、フランス映画らしいビターな味わいのフィルムノワールにもなっている。日本で上映されるのは英語版で、主人公カラスの声を「007/カジノ・ロワイヤル」でジェームズ・ボンド役を演じたダニエル・クレイグが担当。

陰影豊かなブラック&ホワイトの未来世界はスタイリッシュでSF的、かつロマンティックに美しい。3DCGのアニメーションはモーションキャプチャーによるリアルな動作と共に、キャラクターのフェイシャル表現も重視しており、芝居として見応えがある。


※サイズが大きくて、はみ出ちゃった…。

日本語公式サイト
http://www.renaissance-movie.net/

Yahoo!映画
http://event.movies.yahoo.co.jp/theater/renaissance/


とにかくモノクロのコントラストが美しい。モーションキャプチャーによる3DCGのアニメって事で、動きも滑らかで顔の表情までリアル。近未来のパリの町並みも派手過ぎず好感。
映像を楽しみにしていたので、ストーリーは正直期待してなかったんだけど、ハードボイルドミステリーでドキドキワクワク感もあり楽しめた。旦那は「ストーリーが凝ってたらもっと良かったのに。」と言っていたけど。
モノクロにする事で、カラーでは見えないものが見え、見えるものが見えないと言うミステリアスな部分もあるし、空想も広がる。
雨や雪、タバコの煙に窓ガラスなどの表現もウットリ。

「スキャナー・ダークリー」を見た時にも思ったけど、大好きなSF小説が映像化されるとガッカリする事が多いんだけど、実写じゃなくてアニメって手法の方があってるのかも。

ひとつだけ残念に思うのはラストかなぁ。無理やり終わらせた感がある。別に余韻とかなくてもいいけど、もう少し丁寧に描いて欲しかったな。

でも、また見に行く予定!!
2007/05/06

「北斗の拳 ~ラオウ伝 激闘の章~」

映画「北斗の拳 ~ラオウ伝 激闘の章~」見てきました。
第一弾の「北斗の拳 ~ラオウ伝 殉愛の章~」を去年見た時は(感想はここ)、内容も良かったし、大好きなシュウさまが出ていたので、涙腺緩みっぱなしだったんだけど、今回はラオウVSケンシロウがメインで、そーんなにラオウに思い入れはないから、気楽に見れるかな?なんて思ってたんだけど…。

どこで目にしたのか忘れちゃったけど、今回の映画化で、原作には描ききれなかったものを盛り込んでいくってのを読んだんだけど、ストーリーも分かってるし、アニメも見てたし、コミックスも何度も読み返してたけど、ラオウの事が”分かった”のは初めてかも。
宿命の重みとか、ラオウの心の内がうまく描かれていて(ちょっと押し付けと言うか、解説じみたおせっかい部分もあったけど)、迫力もあったし、良く分かってるストーリーなのに、引き込まれてしまった。

南斗5車星のフドウとラオウとの戦いから、ウルウルし始めて、ラオウとケンシロウの死闘にはもう涙が止まらなくなっちゃって、自分でもなんでこんなに泣いてるんだろう!?って(苦)
なんでこんなに心打たれるんだろうなぁ…。

ただ今回もタレント声優陣には不満。聞いてるとむず痒くなってくる。夢中になって見てると気にならなくなっちゃうけど(苦)。
レイナもいらないんじゃないかなぁと思うし。あと、ユリアさんがあまりキレイじゃなくてガッカリ(ーー;)

でも、全体としては大大満足♪
自分が好きだった漫画、アニメがクオリティーの高い作品で復活するのは嬉しい。ヤッターマンも映画化されるけど、私が一番見たいのは映画じゃなくてもいいから、ギャク控えめで大人の鑑賞に耐えうる「キン肉マン」~!

【スポンサードリンク】